上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕焼小焼の、赤とんぼ
負われて見たのは、いつの日か

山の畑の、桑の実を
小籠(こかご)に摘んだは、まぼろしか

十五で姐やは、嫁に行き
お里のたよりも、絶えはてた

夕焼小焼の、赤とんぼ
とまっているよ、竿(さお)の先

------------------------------

懐かしいこの歌。
小さい時、よく歌ってたっけ。

なんで載せたかって?

resize0513.jpg

resize0514.jpg

仕事帰りに綺麗だと思って撮ってしまった。
特に1枚目はベストショットだと自己満足してる。

電信柱が、夕日に向って進んでいくおぼろげな世界・・・的な。

子供の時の記憶ふと思い出して、少し涙が出たり。
ち・・・違うんだからね!これは雨なんだからね!

はぁ・・・涙が出ちゃうよ、本当に。









resize0515.jpg



やっちまったなぁ・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fronterturezure.blog22.fc2.com/tb.php/55-1ea17c72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。