上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※お知らせ

ギルド優先依頼表はブログパーツにしました!
プロフィール下にあります。


----------------------

大弓鬼

無事、大弓鬼になりました。

動画も撮ってみた。



中だけが足りなかったので・・・

昇竜弓

こんなふうに、優先ナスで頭ハメハメして収集。
勿論秘伝コース入れて。

長いようで短かった大秘伝。
まぁーほとんど優先漬けでしたね。
優先+秘伝コースは中毒。

ほんとを言うと最初の大秘伝は剣王がよかったんですが、
やはり使い勝手の良さから弓鬼から先に。
攻撃力1,4倍は伊達じゃないッ!

そして来週のメンテ後から1週間秘伝コースが無料だそうで。
正直もう紙集めはしんどいんですが、体が紙集めを求めるとかなんとか。
というわけで、再来週のメンテまでに大剣王を目指します。

現在大剣の紙は既に作ってあるコーラルFXLv1の腕を合わせて800枚くらい。
今日から再来週の水曜日まで@10日間。
3200-800=2400÷10=240ってことで、1日240枚がノルマですかね。
休日は余裕ですが、仕事ある平日が微妙なライン。
まぁ休日3日分でカバーするとします。

さて、目標は決まりました。
が、大剣王が完成したら次の秘伝は何にするかを迷い中。

個人的に片手・双・ランス・ガンス・ライトはないとして・・・
流行の刀神と銃仙は何か違うんです。
太刀は嫌いじゃないけど使ってて飽きてくる。最初は楽しいんですけどね。
銃仙はあまりにも単調すぎるのがやヴぁい。

個人的に大剣・弓以外で使ってて楽しいのはハンマー、狩猟笛。
でもハンマーはHCではryだし、笛は秘伝が死んでる\(^o^)/
(ハンマー・笛スキーの方すみません!)

と、なると次に作る秘伝の選択肢がないではないか・・・
ただ、先程ないと言ったガンスは意外とありだったりする。
この5年近いMHF生活で恐らく一番使ってないガンス。
多分50回いってるか、いってないかくらいじゃないでしょうか。
でも使ってなさ過ぎて、逆に使いたい気持ちに駆られてる私がいる。

まー多分作業用に銃仙or刀神か、気分で砲皇かどっちかでしょう。
次点で鈍器獣かな・・・って感じですね。

さて、少し話は変わりますので続きは追記で。
タイトルの内容について触れます。


----------------------


最近は昔と違って、武器種の指定がほとんどなくなりました。
以前は双SRだけ取っとけば指定も入れてOKみたいな感じでしたけど・・・
救済クエやら覇種クエやら何から何までHC尽くしなここ最近。
結局秘伝防具を作りたい・強化したい武器でいくのが主流です。

でも、大秘伝まで作り終えた武器はHCクエではほとんど担がなくなります。
HC武器も覇種武器にお株を取られた今、
その武器種の天以外の武器魂(以下、紙)は価値がほとんどなくなりますからね。

この、一見自由度がありそうに見えて最終的に縛られてる現状・・・
非常に気になります。

じゃあ大秘伝作るなよ、ってのは無し。
やはり大好きな武器の大秘伝は取っておきたいものです。
MHなんて自己満足ゲーなのに、自己満足をやめろなんて本末転倒な気がする。

色々対応策っぽいことは考えました。
でも、最終的に全て問題点がある。
どのモンスターからも同じ紙が出る且つ、
武器毎に違う紙が出るという紙の特性上、仕方のない事なんですけど・・・

結局紙というアイテム自体が問題だらけなんですよね。
そして武器バランスの悪いMHFでは更にそれが響く。

極論を言うと、武器バランスを改善して紙を廃止すれば解決します。

ただ、オンラインゲームで武器バランスを改善するのはほぼ無理に等しいです。
そして紙の廃止もビジネス面でもう後戻りできないので無理でしょう。

ではどうすればいいのか。
正直、私はゲームクリエイターではないので思いつきません。
しかしこれをどうにかするのが運営チームの今後の課題です。

この点で、私はMHF-Gには期待しています。

武器モーションもかなり増えるみたいですし、
これで武器バランスが改善されればいいと思っています。
そしてG級は紙じゃないといいな~とも思っています。

まぁ期待値はかなり低いでしょうけど・・・
それでもGにかける期待度は高いです。

だから運営。頑張ってくれ。
私にサービス終了までMHFを見守るという決意を揺るがせない出来にしてくれ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fronterturezure.blog22.fc2.com/tb.php/520-2d8f594f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。